転職を考えるならまずは『自分の市場価値を知ることの重要性』

 

市場価値診断

今までキャリアを積んできたがこれからもっとキャリアを積みたい、自分の知識や経験、キャリアを活かせる職場や企業に行きたい、もっと職場環境や給料や報酬など条件の良いところに移りたい、
などなど転職を希望したり検討する理由は様々です。

 

しかし転職後に給料や報酬が上がるどころか下がる人が多いのも事実です。
その成功と失敗に結果対する違いはどこにあるのでしょうか
その違いを知って転職するのと(あるいは検討するのと)知らずに転職するには大きな違いが生まれてきます。

 

2015年 転職に対する満足度と、年収が上がった人はどの程度いるのだろう?

 

グラフ

 

2015年、転職に関するあるデータがあります。
実際に転職した人に関するデータですが、参考になるのでぜひ知っておいてください。

 

あなたの転職後のイメージにも繋がるかもしれません。

 

 

転職の満足度は

 

転職はキャリアアップや報酬などのアップが主な目的です。(中には職場環境を変えたいというのもあるかもしれませんが)
そんな転職を実行した人(2015年度)に対するある質問に関して以下のような回答が出ています。

 

調査内容として「転職して満足しているか?」という質問に対して、

  • 「大変満足」約24%
  • 「まあ満足」約52%
  • 「あまり満足していない」約15%
  • 「不満足」約9%

 

約76%が満足しているという回答になっています。

 

 

「大変満足」という回答に関してのみ言えば、2015年の約24%に対して2012年は約14%となっており以前に比べて満足度が上がっていることが分かります。

 

では2012年と2015年では何が違うのでしょうか。

 

それを知るためのデータとして、ここでさらにそれぞれの満足度別に「転職をうまく行かせるために必要なことは」と聞いたところ、転職の満足度が高いと答えた人ほど「自分の分析が重要」と考えていることが分かりました。

 

つまり2012年と2015年の違いとは、以前に比べて、より自己分析を行い転職に臨むようになってきたということが言えます。また自分の市場価値を含めた自己分析が行える環境が使える様になってきたということが言えるようです。

 

自分の分析(自己分析)というと抽象的ですが、具体的には自分のキャリア設計において「なぜ転職をするのかという理由と必要性」「転職して何がしたいのか、どうしたいのかという目的」をキチンと考え把握し、意識することだと言うことです。

 

その次に必要な事として挙げられた内容は「面接対策」、以下「応募書類の作成」「企業研究」「業界研究」「その他」という順番でした。これらは大手人材派遣会社が調査した内容で注目すべき内容です。

 

 

では最も重要な「年収は上がったのか?」と言う点

 

ではでは、転職には満足していてもも肝心の年収はどうなのか?
上記と同じ調査の中で転職前と年収が上がったのか下がったのかと言う点ですが、

 

2015年の調査において年収に増減について言えば

  • 「100万円以上がった」約18%
  • 「50〜99万円上がった」約20%
  • 「〜49万円上がった」約20%
  • 「変わらない」約18%
  • 「〜49%下がった」約12.5%
  • 「50〜99万円下がった」約4.5%
  • 「100万円以上下がった」約7%

 

ここで上がったと答えた人は約58%となっており、転職をした半数以上の人が多かれ少なかれ年収が上がっていることが分かります。

 

 

これ以外に、転職への影響として年代が若くなるほど「年収やボーナス」などの影響度が大きく、年代が上がるほど金銭面以外が影響するということも分かっています。なお上記の調査対象は、2012から2015年に転職を実行した25〜44歳の男女を対象にしています。つまり一番働き盛りの方を対象としており、非常に参考になる内容ではないでしょうか。

 

 

自己分析の重要性とあなたの『市場価値』を知ること

 

市場価値診断

上記のことから、転職に満足し年収を上げることに成功している方について言えることは『自己分析』の重要性です。さらにそこから分かる『市場価値』を知ることです。

 

では自己分析とはどういうことで自分の何を知れば良いのかということですが、職務経歴や職務経験はもとより、自分のスキル、そして『市場価値』です。ここを過大評価あるいは過小評価していては正しい判断ができませんし転職先も正しく選べません。
そして自分の持つ経歴や経験、スキルに対して適正な年収がどれくらいなのかを知ることも重要です。

 

業界における適正年収もありますし個人個人の適正年収もあります。この適正な数字を把握しないで転職するということは、結果ミスマッチングを起こしてしまいます。

 

さらに正確に自己分析をするということは「果たしてこの職業や転職先希望企業が自分に合っているかどうか」の判断にも繋がって来るのでとても重要です。これなくしては良い転職などできませんし思いもよらない企業が職種が自分に合っているということもあるということです。

 

つまり自己分析をするということは、あなたの『市場価値』を正しく知ることに繋がり、適正な年収と適正な転職先企業や職種が見つかりやすくなるということです。

参考:厚生労働省 雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)

 

 

自己分析し、『市場価値』をどのように知るかその方法とは

 

オススメ

では自己分析し市場価値をどのようにするかですが、転職エージェントの提供する『市場価値診断』サービスを使うことをオススメします。

 

転職エージェント会社は、非常に多くの転職に関するデータ(転職実績データ)、年収データなどから精度の高い『市場価値』の診断が可能になっています。

 

あなたに最適な仕事、あなたの適正年収や他の人との比較、自分と同じようなキャリアの人がどんな仕事にどれくらいの報酬で就いたか、自分の就きたい仕事にどんな人が転職したかなど様々な観点から知ることが可能です。

 

そして最大の特徴は、あなたの市場価値診断の結果、あなたの持つ経験やスキルを求めている企業方からオファーが届くということです。
転職を考えているあなたにとっては最大の味方になることでしょう。

 

以下に『市場価値診断』が可能なサイトを2つご紹介しますので登録してみることをオススメします。
もちろん無料です。(転職が決まればお祝い金をくれるサイトもあります。)

 

転職に関する情報は多い方がよいので2つともご登録されると良いでしょう。

 

 

優良転職支援サービス

 

 

転職支援サービス『MIIDAS(ミーダス)』の特徴


特徴は転職エージェント大手のインテリジェンスが提供する『MIIDAS(ミーダス)』による市場価値診断サービスです。登録は無料で、ユーザー登録によって得られるメリットの例は以下の通りです。

・大手企業のインテリジェンスの過去データを基に診断
・200万人以上の年収、7万人以上の転職実績の統計データから診断
・面接で企業採用担当の重視する項目のみを抽出しており、入力が簡単且つ、精度の高い診断ができる

価格 登録料・利用料0円
評価 評価5
備考 スマホアプリでも利用可能
転職支援サービス『MIIDAS(ミーダス)』の総評


無料会員登録後は以下のように転職に必要な情報が得られます。

・常に変動する転職相場を確認できる
・自分と似たキャリア, スキルを持つ人の年収データなどを確認できる
・自分にフィットする求人情報をおすすめして貰える
・書類選考免除の面接確約のオファーが届く

入社が決まればお祝い金がもらえます。

 
 

レコメンド型転職サイト『careertrek(キャリアトレック)』の特徴


「いままでの転職サイトは使いづらい」「気になる案件が見つからない」「自分にあった仕事がわからない」。キャリアトレックはそんな不満をお持ちの方のために考えられたサイトです。

情報過多の時代、自分が本当に知りたい情報は埋もれてしまっている可能性があります。キャリアトレックでは、人工知能があなたの好みを分析・学習し、よりあなたの希望条件にマッチングした求人をレコメンドします。(海外勤務の求人も網羅しています。)
従来の転職サイトにはない新しい仕事探しを体験してください。

・人工知能が最適な求人情報をレコメンド
・面談確約のものを含むスカウトメッセージが届く
・ご転職が決定された会員様には「転職お祝い金」
・良い条件があれば、、という長期的な転職活動を支援

・海外勤務の求人も支援

価格 登録料・利用料0円
評価 評価5
備考 スマホアプリでも利用可能
レコメンド型転職サイト『careertrek(キャリアトレック)』の総評

人工知能があなたに最適な仕事を届ける転職サイトです。大手転職エージェントビズリーチ運営するサービスですでに16万人のユーザーと3700社の企業が使っています。

提供されるサービスは上記の他
・職種・業種・勤務地などからもお気に入りの求人が探せる
・人工知能によるマッチングが毎日届くだけでなく海外特集や職種別など多様な特集によりあなたをサポート

転職が決定された会員様は「転職お祝い金」がもらえます。